いびきは健康の危険シグナル

いびきは健康にとって大変危険な信号であることが、最近の研究で確認されてきています。

大きないびきは十分な睡眠がとれていない証拠で、いびきをかいていると深い睡眠をしているというのは全くの誤解なのです。実はいびきを軽く考えていると、死に至る危険性もあるのです。いびきは昼間のイライラ、記憶力、集中力の低下を引きおこすといわれていて、社会的にも問題視されてきています。

いびきをかくということは、十分な酸素を脳や他の体内へ送り込むことができていないので、無呼吸状態に近いことになります。そのため、脳卒中や脳梗塞、心筋梗塞といった病気の原因にもなることも指摘されています。また、睡眠時無呼吸症候群などもいびきが原因とされる病気です。

いびきは寝ている本人はあまり気がつかないので、同居している家族などに確認してもらいましょう。たかがいびきと思わずに、深刻な病気になる前にいびきの適切な防止対策をとるようにしましょう。

いびきの原因はさまざまですので、自分自身に当てはまるいびきの原因を確認し、早期にいびきの対処を行いましょう。いびきをかくことが恥ずかしいと感じる方も多いようですが、いびきが重大な病気を引き起こすことを考えれば、早めに対処したいものです。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。